ジリジリと距離をつめてくる!歯周病を予防するために歯科で定期検査

虫歯の跡を目立たなくする

白い歯

銀歯というのは長年使うことで劣化して、虫歯の原因になってしまいます。また、目立つので治療をしたことがすぐに知られてしまいます。川越市の歯科では銀歯の代わりにセラミックの詰め物を使うことができます。

More Detail

3つの方法が選べる

歯科

黄色い歯を白くするために麻布十番の歯科ではホワイトニングが行なわれています。家でケアする方法や歯科でケアする方法、その両方を組み合わせて行なうこともできるでしょう。自分に合う方法を探しましょう。

More Detail

大人の歯の矯正治療

医者

大人の歯の歪みは子どもの頃に比べて治療をするのに時間がかかってしまいます。さいたま市の矯正歯科ではそんな大人の歯をブラケットで矯正することができるのです。また、早く治療を進められる方法もあります。

More Detail

歯みがきでは落とせない

歯医者

成人の多くがかかっている病気の1つが歯周病です。日本にいる成人の約8割は歯周病にかかっているといわれているのです。そんな歯周病という病気は痛みをほとんど感じないのでどんどん進行してしまいます。ジリジリと距離をつめてくるでしょう。歯みがきをしていて歯茎から血が出るという場合はもう歯周病がある程度進行している状態なのです。そして、そういった症状が出ているのに治療をせずに放っておくと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあるのです。このような深刻な事態を防ぐためにも堺市にある多くの歯科が定期検査を行なうように勧めています。なぜ、定期検査が必要なのかというと歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去する必要があるからです。歯垢は歯や歯茎に溜まるネバネバしたもので、その正体は細菌の塊なのです。これを普段の歯みがきで綺麗に除去できればいいのですが、なかなか全てを綺麗に落とすことはできないでしょう。そうやって残った歯垢はやがて固まって歯ブラシで落とせない歯石になってしまうのです。堺市の歯科で定期検査を受けることで、固まった歯石を落とし綺麗な状態を保つことができます。堺市のほとんどの歯科が、歯周病の治療を始める前に歯周ポケットの深さを確認します。なぜかというと、歯周ポケットの深さで進行具合を調べることができるからです。その後、スケーラーという道具で歯垢や歯石を除去していくのです。堺市の歯科では歯茎の奥まで入り込んだ歯石を除去するために、切開することもあるのです。綺麗な歯を保つためにも定期検査を行ないましょう。