ジリジリと距離をつめてくる!歯周病を予防するために歯科で定期検査

虫歯の跡を目立たなくする

白い歯

虫歯治療のときに銀歯を使うという歯科はたくさんあります。銀歯は保険が適用されるので安い費用で詰め物や被せ物として使うことができるのです。しかし、金属というのは年数がたつことで劣化してしまいます。それは銀歯も同じで長く装着し続けることで劣化し、歯との間に隙間ができてしまうことがあるのです。そうなると、その隙間に食べカスが詰まり、また虫歯になってしまうでしょう。虫歯の再発に関係するだけでなく、見た目も目立つので虫歯を治療していたことが周りの人にもバレてしまいます。川越市にある一部の歯科ではそんな銀歯を目立たない別の素材と変えることができるのです。そういった素材を使うと自費治療になってしまいますが、長い間不具合が起こる心配はありません。川越市の歯科で銀歯の代わりに使われている素材というのがセラミックです。セラミックという素材は歯と同じ白い色をしているので治療跡が目立つことはありません。また、耐久性にも優れているので数年で劣化することもないでしょう。銀歯の被せ物を使ったときに金属アレルギーを起こして体調を崩してしまう人もいます。しかし、セラミックなら金属ではないのでアレルギーを引き起こす心配もありません。また、川越市にある他の歯科ではハイブリッドセラミックと呼ばれる素材を使うこともあります。普通のセラミックは歯より硬く、力を入れ過ぎると傷つけてしまう場合があるのです。そこで、川越市の歯科ではプラスチックとセラミックを混ぜたハイブリッドセラミックを使い、歯に近い硬さの詰め物を提供しています。